HOME > 季節の山菜天ぷらと手打蕎麦をいただく

季節の山菜天ぷらと手打蕎麦をいただく

倶知安町山田・「手打蕎麦いちむら」

 

モダンでオシャレな建物が並ぶニセコのヒラフエリア。そのなかにある緑に囲まれたお店で、美味しい空気と美味しいお蕎麦をいただきませんか?手打蕎麦いちむらさんで、ホッと一息ついて和の心を感じましょう。以前紹介したパン屋さん「自家製天然酵母ぐずぐず」さん(記事はコチラ)のお隣にあります。

 

黒松内町産の玄ソバを“いちむらソバ工房”で石臼で挽いてニセコ天然水で、朝にその日の分だけ手打ちします。十割蕎麦は数量限定ですのでお早めに!

 

取材にうかがった日は、開店と同時にぞくぞくと車が入り11時半には駐車場が車でいっぱいになっていました!観光で訪れる方や、地元でお仕事をしている方がたくさん訪れる大人気のお蕎麦屋さんです。

 

店内はテーブル席、小上がり、眺めが最高なテラス席があります。大自然に囲まれて、美味しい空気とお蕎麦を一緒にいただけます。

夏にピッタリ!

おろしそばと季節の天ぷら

 

くまちゃんは、おろしそばを注文しました!そして、この日で今年は最後だったアスパラの天ぷら。さらに次の季節の天ぷら“とうもろこし”もいただきました!

 

お蕎麦はつるっ!もちっ!と歯切れ良くて美味しい!!

 

この日は暑かったので、冷たい蕎麦とおろしで爽やかに美味しく食べました~♪

 

そして、とうもろこしの天ぷら。とうもろこしがとても甘くて、さくっほろっ…と消えちゃう感じで美味しい!好き~!!北海道ならではの味。夏の季節限定です。ぜひ食べてみてほしいですー!

 

この日が最後のアスパラもみずみずしくて美味しかった!次食べられるのは来年かな~。とうもろこしの次は何の季節天ぷらかも楽しみですね。

地元の山、

畑に合わせてお蕎麦を打つ

 

お蕎麦の原料をはじめ、天ぷらなどの一品料理なども「地元の山、畑に合わせて作っています」と店主の巻 貴宏さんは言います。その時期に一番美味しい地元の山菜や野菜をそのまま、お蕎麦と一緒にいただくという感じ!お料理に使う山菜は、テラス席から見える庭(森?)で採ったりするんだとか!究極の地産地消だ!

 

タケノコが旬の時期になれば、朝の3時頃から島牧や雪秩父へ行って2~3時間で採集して、帰ってきたらその日の蕎麦の仕込みにかかるという毎日なんだそうです。たくさんの人に美味しいものを食べてもらうために、見えないところでとても手間と時間がかかっているのですね。

 

採れたてで新鮮な山菜を使った季節の天ぷらは、国内外のお客さんに大人気!冬になると、カレー南蛮そばがじわじわと追い上げる人気だそうです。寒いときに最高でしょうね~!

取材協力

  • 手打蕎麦 いちむら

    住所    北海道虻田郡倶知安町字山田68-4

    営業時間  11:00~15:00(売り切れ次第終了)

    定休日   無休

    電話番号  0136-23-0603

  • お蕎麦を待っている間にメニューを見ていたら見つけた、“野菜カレー丼”が気になりすぎて…。近々、そっちも食べに来ようかしら…と考え中のくまちゃんでした。

ページトップへ